© 2023 by The Book Lover. Proudly created with Wix.com

沖縄、辺野古

何を書いてもうまく伝えられる気がせず、抗議の意ばかりで制作しました。

詩篇です。「土砂の【濁】はプロシャンブルー、流し」です。

WORKsのページにあげました。


詩、とくに現代詩の大きな特徴に、瞬発力が高いということにあると思っています。

ネットで訴えることもできるし、エコバッグに詩文を書いて目に触れさせるだけでもいい(わたしはよくこのひとりデモをします)、可能ならストリートでもオフィス街でも目に留まるように(ビルをラッピングするクリストのように)パルチザン的に動きたい、といつも思います。


藤井貞和さんの「クソ詩」を思い出すばかりです。


よかったら一瞥なさってくださいませ。